テストステロンを増やしてED対策

最近パートナーとの性交渉の数が減ってきたという方、原因は性欲が落ちてきたからと思っていませんか。性欲が落ちてきているのは、EDと関係があるかもしれません。
男性ホルモンのテストステロンが減少しているからかもしれません。
テストステロンが減少すると性欲が低下します。他にも体力が落ち、筋肉量も落ち、骨密度まで落ちて、終いにはEDになる確率を上げてしまいます。

そこで今回は歳とともに減ってくるテストステロンの量を減らさないよう、また減ってしまっている人は増やす方法を紹介します。

まず第一に筋トレが重要です。筋肉に刺激を与えて成長ホルモンを分泌させてテストステロンも増やしましょう。
ポイントは大きい筋肉を刺激することで時間はそんなにかけないでいいです。スクワット10回3セット、インターバル1分なら5分以内に終わるしどこでも出来るでお勧めです。
次にタンパク質を大量に摂り、十分な睡眠が必要です。栄養が欠乏しても睡眠が不足してもテストステロンは減ってしまいます。
次にオナニーをなるべく控えて、綺麗な自分好みの女性と話しをしたりデートをするなどセックスしたいと思う相手との接触する機会を増やしましょう。それだけでテストステロンの量は一気に増えます。
とどめに禁煙・禁酒です。これは難しいかもしれませんが、出来るとテストステロンの生成効率が上がります。

以上の事を踏まえてテストステロンの量を増やせば、いつまでも男性として逞しく生きることが出来ることでしょう。